六本木クリエイターの映画裏話、六本木裏情報「その男、映画オタクにつき」

最新の映画、音楽、マンガの裏情報、裏話、レビュー。六本木グルメ。デビッドリンチLOVE。この映画を観ずに死ねるか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サウスバウンド 北川景子出演 森田芳光監督



森田芳光監督が北川景子を今後も積極的に使う!と宣言した映画「サウスバウンド
といっても北川景子はすごくメインで出演しているかというとそうでもなく、同じく絶賛された松山ケンイチもそうでもない。今のうちに宣言しちゃったほうが、わかる監督っぽいから言っとけということだろうか。

原作は奥田 英朗の同名の小説「サウスバウンド
バリバリの学生運動家だった豊川悦司と天海結希とその3人の子供の家族が、閉塞感のある現代でいきていく物語。間宮兄弟とはまた違う価値観での現代へのアプローチ手法である。ようするに現代という価値観を別の価値観を持つ人々を通して、現代の滑稽さを描こうということである。だが、学生運動家は何も成しえていないという意味で逆に無力感を感じてしまうのだが・・・。あの時代の運動家は運動することが趣味だったような気がする。今は、それよりもたくさんの暇つぶしができてそっちのほうがよいのか悪いのか。社会のことを考えてるといいつつ、ロックをやるのと同じくらい、女にもてたくて、運動をしていたのではないか。それでそのままの価値観が根強く残っているからいっぱしのことを言うが、それも結局思考停止しているだけなのではないか。イデオロギーというものにそもそも勝ちなんてあるのだろうか?と思ってしまう。
間宮兄弟の方は、人が望む幸せが大きすぎやしないかというところに共感できるが、こちらは、社会悪があるのだということにどうしてもなってしまう。社会って善も悪もどっちもあるし、場所によっては同じものでも真逆になってしまうこともある。物事を停滞しないために判断が必要なだけで、誰かの価値観が正しいだの間違っているだのってどっちでもないってのが本当。そこまで自分が大事にしている価値観を人に押し付けようという運動家の心理がわからない。生き死にかかってるときは勿論別。

長々と書きましたが読んだ人すごい!


さておき、
北川景子さんはなんか冴えないOL役ですが、
それでもなおかわいいのです。
北川景子サウスバウンド
このつるっとした感じ。

沖縄の風景なんかも見所の映画ですね。
スポンサーサイト

テーマ:北川景子 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2008/07/24(木) 21:59:30|
  2. 映画★★★
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

爆笑レッドカーペット 北川景子

北川景子1

北川景子2

北川景子3

北川景子なんせイイ

爆笑レッドカーペットも最近飽きてきた。。。
あらびき団のあらびき加減が増してきた。差別化か。いいと思う。



テーマ:北川景子 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2008/07/24(木) 02:16:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ミュージック万太郎

Author:ミュージック万太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

リンク

FC2カウンター

TSUTAYA DISCUS

Change your rental life!!

あわせて読みたいブログパーツ

とにかくラクだ。

Amazon

NO MOVIE NO LIFE

感動なくして生きれない

広告

気が向いたらどうぞ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。